潜在意識の機能を知る

潜在意識の機能を知る

 ■脳を使って潜在意識を書き換える   
    
(1)潜在意識に入力する
 

   ①波動を使う 
    気分を上げることにより潜在意識の中身を変える。
   ②言霊を使う 
    口癖によって潜在意識の中身を変える。
   ③イメージを使う 
    未来予想図(イメージ)によって潜在意識の中身を変える。
    
(2)潜在意識のハンドルを握る
  

   ①思考の方向性を知る 
    何の為に必要なのか(WHY)
    何が必要なのか(WHAT)
    誰の協力が必要なのか(WHO)
    何処で実施するのか(WHERE)
    いつ実施するのか(WHEN)
    どうやって実施するのか(HOW TO)
    を考える。
    
(3)潜在意識をナビゲーション

   ①気分をコントロール 
    感じている波動を引き寄せるので気分をコントロールする必要があります。
   ②思考をコントロール 
    考えたことが波動を作り出すので思考をコントロールする必要があります。
   ③言葉をコントロール 
    言葉が波動を現実化するするので言葉をコントロールする必要があります。

(4)潜在意識の記憶機能

   ①現状の維持継続 
    過去に生きるという事は、現状維持を選択したことなる。
   ②未来の記憶を作り出す 
    過去の記憶に生きるのか、それとも未来の記憶を作るのかが問われています。
    
(5)潜在意識の内容確認

    ①行動が出来ているか? 
    通常は行動しないように機能します。
   ②望んだ結果になっているか? 
    変化を望まないという事は望みは過去の中にある最大値になってしまう。